静岡県浜松市のLPガス販売・リフォームなど、住まいに関することは東亜ガス株式会社へ

お問い合わせ:0120-72-4460

ホーム
事業内容
給排水・リフォーム
太陽光発電
太陽光発電システム積算
  • 太陽光発電システムのご紹介
  • 太陽光発電システムを自社ビルに設置
  • ベストミックス事例

東亜ガス自社設置 太陽光発電システム積算

東亜ガスの屋上に設置している2つの太陽光発電システムの積算と比較を行いました。

太陽光発電システムの計測結果

発電量・消費量の内訳
日付 平均気温 平成24年7月1日〜平成25年6月30日までの積算(単位:kW)
最高 最低 サンシエラ
発電量
(3.5Kwh)
ソーラー
フロンティア
(CIS)発電量
(2.7Kwh)
合計
発電量
消費量 売電量 買電量 自給率
(%)
平成24年
7月
7/1〜
7/31
30 23 449.0 352.0 801.0 1426.0 159.0 1184.0 56.0
平成24年
8月
8/1〜
8/31
33 25 515.0 405.0 920.0 1400.0 192.0 1131.0 66.0
平成24年
9月
9/1〜
9/30
30 22 418.0 324.0 742.0 1320.0 153.0 1102.0 56.0
平成24年
10月
10/1〜
10/31
25 16 404.0 309.0 713.0 1411.0 154.0 1209.0 51.0
平成24年
11月
11/1〜
11/30
18 10 321.0 242.0 563.0 1650.0 105.0 1473.0 34.0
平成24年
12月
12/1〜
12/31
11 4 312.0 232.0 544.0 1791.0 97.0 1615.0 30.0
平成25年
1月
1/1〜
1/31
10 2 369.0 278.0 647.0 1794.0 145.0 1615.0 36.0
平成25年
2月
2/1〜
2/28
10 3 352.0 274.0 626.0 1665.0 146.0 1528.0 38.0
平成25年
3月
3/1〜
3/31
18 7 473.0 371.0 844.0 1526.0 204.0 1308.0 55.0
平成25年
4月
4/1〜
4/30
20 10 499.0 396.0 895.0 1356.0 240.0 1148.0 66.0
平成25年
5月
5/1〜
5/31
24 15 599.0 441.0 1000.0 1243.0 293.0 1035.0 80.0
平成25年
6月
6/1〜
6/30
27 20 313.0 301.0 614.0 1351.0 143.0 1147.0 45.0
合 計 4984.0 3925.0 8909.0 17929.0 2028.0 15492.0 -

平成24年7月1日〜平成25年6月30日までの集計

平成24年7月1日〜平成25年6月30日までの集計
  積算
ソーラーフロンティア発電量 3,925kWh
サンシエラ発電量 4,984kWh
発電量計 8,909kWh
消費量 17,929kWh
売電量 2,028kWh
買電量 15,492kWh
自給率 51.0%(平均)

太陽光発電システムの比較

東亜ガスには、「ソーラーフロンティア(CIS薄膜系モジュール)」と「サンシエラ(結晶シリコン系モジュール)」の2種類の太陽光発電システムが設置されています。
以下の表は、2種類の太陽光発電システムの発電量を比較した表になります。

東亜ガス設置パネル 365日間の総発電量 1kWあたりの発電量 一般住宅およそ1軒分
3kWあたりの発電量
ソーラーフロンティア(2.7kW) 3,925kWh 1,454kWh 4,362kWh
サンシエラ(3.5kW) 4,984kWh 1,424kWh 4,272kWh
比較差 1,059kWh 30kWh 90kWh

※注意点:2種類の環境モニターの実質表示が、それぞれ若干数値の判断誤差(消費量、売電量、買電量)により逆算しても合わない箇所がございます。
2種類のモジュールの発電量(発電率)/1Kw、総発電量と総消費量からみた自給率を中心に参考にしてください。あくまで、環境モニターの表示されている数値を基に作成しておりますので予めご承知下さい。

弊社に設置されている2種類の太陽光発電システムは、太陽光パネルの大きさが異なるため、平均的な住宅に設置されるサイズ(3kW)に単位を揃えて計算します。
すると、サンシエラよりソーラーフロンティアの方が365日間で90kWh多く発電していることが分かります。

調査結果

  • サンシエラ3kWとソーラーフロンティア3kWを比較すると、発電量に年間約90kWhの差が発生。
  • ソーラーフロンティア(CIS薄膜系モジュール)の方がサンシエラ(結晶シリコン系モジュール)より発電量が多い。数値に関しても、昨年同様の結果がでました。

東亜ガスでは、太陽光発電システムに関するノウハウや、調査結果を今後も公開していきます。常にお客様の目線に立った商品をご提供していきます。太陽光発電システムに関して、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ フォームまたは0120-72-4460までお気軽にお問い合わせください。

  • ※このページの内容は、更新日現在の情報です。状況の変化により、内容が変わっている可能性があります。
  • ※情報は予告なく訂正・削除される場合があります。予めご了承ください。
  • ※ページに記載された商品名・団体名・その他の名称は各社の商標または登録商標です。

ページTOPへ