静岡県浜松市のLPガス販売・リフォームなど、住まいに関することは東亜ガス株式会社へ

お問い合わせ:0120-72-4460

ホーム
事業内容
給排水・リフォーム
超節水シャワー AriaMisto(アリアミスト)
  • アリアミスト
  • ドルフィンセーブ
  • AriaMistoの特徴
  • 商品仕様
  • 取り付け方法
  • お客様の声
  • よくある質問

AriaMisto(アリアミスト) よくある質問

Q:取り付けは難しくありませんか?
A:簡単に出来ます。一般的なシャワーは「シャワーヘッド本体」と「シャワーホース」がネジで結合されているだけなので、交換は今までの「シャワーヘッド本体」を時計の反対方向へ回して「シャワーホース」から外し、その後「アリアミスト」を「シャワーホース」に時計方向へ回して取り付ければ完了です。
Q:ネジのサイズに違いはありませんか?
A:「アリアミスト」の標準的なネジは「G1/2」という、もっとも多く使われているサイズです。すでにお使いのシャワーが「TOTO」「INAX」「SAN-EI」「KAKUDAI」ならばそのまま取り付けられます。
また、お使いのシャワーが「MYM」「KVK」の場合は「アリアミスト」付属のアダプタを「アリアミスト本体」と「シャワーホース」の間に接続して使用します。もし、お使いのシャワーのネジサイズが不明の場合は、それぞれのメーカーにお問い合わせください。
Q:水の勢いが弱いシャワーの改善はできますか?
A:「アリアミスト」の噴出水は「水を絞る」→「加速する」→ 「空気を取り込みボリュームアップ」というプロセスを経て出てきます。この途中の「加速」と取り込んだ空気の泡の「爆裂」で結果、流水(水玉状)に勢いを付けます。水勢の弱さの程度にもよりますが、「以前より勢いが良くなった!」というご意見は多数伺っております。
Q:節水率を変えることは出来ますか?
A:出来ます。「アリアミスト」には本体装備品も含めて3種類の「節水バルブ」がセットになっています。この節水バルブの径を変えることによって、最適・お好みの節水率に変えることが出来ます。取替えは取扱説明書に従えばいたって簡単です。節水率が変えられることも「アリアミスト」の特徴のひとつです。
Q:シャワー交換後の「水漏れ」はありませんか?
A:ネジさえピッタリと適合していれば、水漏れの心配はありません。ただし、今までにお使いの「シャワーホース」に使われている「ゴムパッキン」の劣化によって、稀に水漏れを起こす場合があります。
原因は「アリアミスト」の節水機能によって水圧が高まり、通常のシャワーでは判明しなかった「パッキン劣化」が顕著に現れるということです。一般に「水道水」には塩素等が含まれておりますので、遅かれ早かれパッキンは劣化します。
もし「アリアミスト」取付によって水漏れが起きた場合は、パッキンを新しいものに交換してください。パッキンは「ホームセンター」等で入手できます。
Q:シャワーの耐久性は?
A:シャワー本体は、プラスチックの中でも特に強い部類の「ABS樹脂」を使用しております。この部材は他メーカーでも広く一般的に使用されているもので、通常の使用で簡単に破損するものではありません。もっとも、シャワーホースを持って「振り回す」などはしないでください。シャワーが浴室内周囲の備品(鏡など)にぶつかり危険です。
Q:以前のシャワーより「音」が大きいような気がしますが…?
A:確かに若干「音」は大きくなりますが、シャワーとして違和感は無く、余程注意深くないと気が付かない程度のものと確認しております。音の原因は「空気の吸い込み音」と「流水の噴出音」です。
「アリアミスト」の特性として大量の空気を吸い込み、気泡として一気に噴出しますので、その際の気泡の「爆裂音」が通常のシャワーより大きく聞こえます。当社としましては特に問題の無いものと考えております。

お問い合わせ フォームまたは0120-72-4460までお気軽にお問い合わせください。

ページTOPへ