静岡県浜松市のLPガス販売・リフォームなど、住まいに関することは東亜ガス株式会社へ

お問い合わせ:0120-72-4460

ホーム
事業内容
LPガス・ガス器具
ガスを安全にご利用いただくために

ガスを安全にご利用いただくために

快適で便利なLPガス。もしもの場合に備えた安全対策は十分考えられていますが、ガスの特性を知っておくことでより便利に利用することができます。ここでは、ガスを安全にご利用いただくためのポイントをご紹介いたします。

いつも青い炎でお使いください

LPガスをお使いのときは、必ず「青い炎」でご使用ください。赤っぽい炎は不完全燃焼が起きている炎です。

いつも青い炎でお使いください

ガス器具は必ずLPガス用の器具をお使いください

ガス器具は必ずLPガス用の器具をお使いください

LPガス用器具は全国共通です。新しくガス器具を購入する際は、LPガス専用の器具を選んでください。(都市ガス用器具は使用できません。)
ガス器具は安全を考えて作られていますが、取扱説明書をよく読み、正しく使うようにしてください。

換気はしっかり忘れずに!

  • 換気はしっかり忘れずに!
  • 換気はしっかり忘れずに!

室内でガス器具を使用するときは換気扇を回したり、時々窓を開けるなど換気を行ってください。

  • 換気が不十分な状態で使い続けると一酸化炭素中毒が起こる恐れがあり、死亡事故に至る場合があります。
  • 小型湯沸器をお風呂やシャワーに使用しないでください。
給気口及び排気設備に関する基準
屋内に設置された排気筒式風呂釜や大型湯沸器には必ず排気筒や換気口、給気口(空気の取入口)を設置してください。※ご心配な場合は点検をご依頼ください。

ガス瞬間湯沸器の再点火操作に関する注意

  • 湯沸器を使用中に火が消えた時は、一酸化炭素が発生している可能性があります。
  • 使用中に火が消えたら、再点火しないでただちに使用を中止し、至急ご連絡ください。

ガス瞬間湯沸器の再点火操作に関する注意

点火・消火は必ず目で確認を!

点火・消火は必ず目で確認を!

  • ガス器具のそばには、燃えやすい物を置かないでください。
  • マッチで点火する場合には、必ずマッチに点火後、器具栓を開いてください。
  • 風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げるときなど、過熱により鍋の油に火がつくことがあります。その場を離れないでください。

ガス栓は、使用時は全開、使用後は完全に閉じる

ガス栓は、使用時は全開、使用後は完全に閉じる

  • LPガスをお使いになる時は、ガス栓を全開で、また外出するときやおやすみ前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
  • 使用していないガス栓には必ずゴムキャップをつけてください。
  • 長期間ご不在になる時は、容器バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。
  • 配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。

ガス漏れ警報器は正しく設置されていますか?

ガス漏れ警報器は正しく設置されていますか?

  • 床から高さ30cm以下で、燃焼器具・ガス栓から水平距離で4m以内の所に取り付けてありますか?
  • 警報器の電源プラグは常時コンセントに差し込んでおいてください。
  • 警報器の周りに物を置かないでください。
  • 取り付けてある警報器は交換期限内のものですか?確認しましょう。

ゴム管は時々点検、早めに交換

ゴム管は時々点検、早めに交換
ゴム管からのガス漏れは、石けん水を塗り泡が出るかで分かります。
  • ゴム管は、ガス栓の赤い線のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかり止めてください。
  • ゴム管は長くしたり、物かげを通したり、折り曲げたりしないでください。
  • 三つ又は保安上危険なので使用しないでください。
  • ひび割れなどが発生しているゴム管は使用しないでください。
着脱が簡単で確実なコンセント型の専用ホースをおすすめします。
ガス漏れ防止のため、湯沸器や風呂釜などの固定式燃焼器とガス栓の接続にゴム管を使用することは禁止されています。直接ねじ接続するか、ねじ接続の専用ホースで接続してください。
着脱が簡単で確実なコンセント型の専用ホースをおすすめします。

ガス器具のお手入れ

ガス器具のお手入れ

ガスコンロなどの目詰まりは、炎が不安定となりますので、時々器具ブラシなどで掃除をしてください。

お願い
ガス器具のお手入れなどで、ネジなどを取り外す必要がある場合は、自らお手入れせずに、必ず東亜ガスまでご連絡ください。

もしもの場合、災害時の場合

もしもガスが漏れたら!

室内の火は全部消してください。

室内の火は全部消してください。

※マッチをすったり、タバコを吸ったりしないでください。

ガス栓・器具栓を閉めてください。

ガス栓・器具栓を閉めてください。

扉や窓を十分に開けてください。

扉や窓を十分に開けてください。

風通しをよくしてガスを屋外で追い出してください。

※ほうきなどで漏れた、滞留したガスを掃き出すようにして屋外へ追い出してください。

コンセントやスイッチに触れないでください。

コンセントやスイッチに触れないでください。

火花が出てガスに着火するおそれがあります。

※換気扇は回さないでください。既に回っている換気扇はそのままにしてください。

東亜ガスまで至急ご連絡ください。

ガスが突然止まったら

LPガスの流れや圧力などに異常があると、マイコンメーターが自動的にガスを遮断し、原因が表示されます。

ガスが突然止まったら

復帰の方法

ガス利用の再開は、次のような手順で行ってください。
かならず「緊急時の連絡先」または「東亜ガス」に連絡し、指示に従ってください。
異常がなければ、マイコンメーターを復帰することができます。
復帰しない場合は、復帰を繰り返さず、東亜ガスの点検を受けてください。

復帰の方法

災害時の対策は…

災害後に再びガスを使うときは、必ず東亜ガスの点検を受けてからお使いください。

異常が合った場合は、至急、東亜ガスへ「氏名」「住所」「状況」などをお知らせください。

火災のときは…

火災のときは…

容器バルブを閉めてください。また消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。

地震のときは…

地震のときは…

ガス栓・器具栓を閉め、火をすべて消します。揺れの大きな時は納まったあとで戸外の容器バルブも閉めてください。

台風や洪水のおそれがある時は…

台風や洪水のおそれがある時は…

容器バルブを閉め、容器が倒れたり、流れたりしないようロープなどでしっかり固定してください。

容器バルブの閉め方

容器バルブの閉め方

災害の時に容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。閉めるときは時計と同じ右に回すと閉まります。

こんな時は東亜ガスまでご連絡ください

以下のような場合は、東亜ガスまでご連絡いただき、「氏名」「住所」「状況」をご連絡ください。

  • LPガス設備の工事や新しく器具を取り付ける時、または取り外す時
  • ガス以外の工事(家の増築など)を行うとき
  • 新築・改築・転居などで新しくガスを使用する時、または使用をやめる時
  • ストーブなどの季節的器具で取付・取り外しが困難な時
  • 旅行や出張などで長期間留守にする時

LPガスの正しい使い方 我が家の安全をチェック!

LPガスを正しくお使いいただくため、ご家庭でもう一度点検してみてください。

  • ガス器具の近くに燃えやすいものを置いていませんか(燃えやすいものを置くのはやめましょう)
  • 点火したことを必ず目で確認していますか?
  • ガスを使うとき、きちんと換気をしていますか?
  • コンロ使用中に、電話などでその場を離れたことはありませんか(離れる時は火を消しましょう)
  • マイコンメーターなどの安全器具はそろっていますか?
  • ガス漏れ警報機は床の近くに設置していますか?
  • 小型湯沸器をお風呂や洗髪などに使っていませんか(長時間の使用は大変危険ですのでやめましょう)
  • 小型湯沸器は不完全燃焼防止機能付きですか
  • 長期間使用しない時は容器バルブを閉めていますか
  • 古いゴム管をいつまでも使っていませんか
  • ガス器具のお手入れを、こまめにしていますか

東亜ガスでは安全に関わる情報も随時公開し、快適な生活をトータルサポートいたします。
ご質問・お見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ フォームまたは0120-72-4460までお気軽にお問い合わせください。

ページTOPへ